秦精工株式会社

ハイブリットコアピン® - 押出ピン・コアピン

折損リスク低減!従来比3倍以上の長寿命コアピン-金型の保全費低減、生産性向上に貢献します。
当社のハイブリッドコアピン®は、摩擦溶接技術を採用し、異種の金属材料を接合した次世代コアピンです。

特徴

Feature

優れた耐久性
従来比3倍寿命検証済み

アルミダイカストは、高温・高速・高圧力といった厳しい条件下で使用されています。当社のハイブリッドコアピン は、アルミ等の溶湯が接触する先端部分(A)に高温強度特性が優れるYXR33を用い、台座部分(B)に靱性(たわみ易く折れにくい)の優れるDACを用いて製造しています。この特性の異なる2つの素材を、摩擦溶接を用いて接合することで、従来に比べ格段に折れにくいコアピンを実現しました。

品質

Quality

接合面の強度

当社のハイブリッドコアピンは、幾度となる引張試験により、接合面で破断しないことが実証されています。

【引張試験結果】

材質
引張強さ(Mpa)
DAC 1,574
YXR33 2,226
ハイブリッドコアピン 1,691
ハイブリッドコアピン引張試験写真

コスト

Cost

トータル保全費の低減

従来のコアピンと比べ3倍以上の長寿命化が期待できます。またコアピンの長寿命化に伴い、金型保全時間も低減し、生産性が向上します。

例) ハイブリッドコアピン4型導入の場合

一貫生産

Integrated Production

素材からの一貫生産

冷却穴にも対応

素材調達から完成まで一貫生産ですので、お客様のご要望に応じた規格のピンを製造することが可能です。冷却穴も製造可能です。冷却穴を施すことで、焼付きが減少し、さらなる長寿命化が期待できます。

※ハイブリッドコアピン®は秦精工株式会社の登録商標です。
※DAC及びYXR33は、日立金属株式会社製の材料鋼種名です。

会社訪問・工場見学は
随時受け付けています。

日本の産業を支えるエネルギー、
航空宇宙、その他大型機械の
重要保安部品を造る仕事です。

  • SUSANOO
  • 地域未来牽引企業